スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタイン特別企画

賢者マサールの事件簿`ファイル3´

“甘い罠”





「シュトランというお菓子を知っていますか?」



朝からいやというほど同じ質問を繰り返している。

どこかの国の菓子パンの名前をもじったかのようなこのお菓子。

製造場所・製造方法・その材料にいたるまで一切の情報はない。

そんなものを探しているのは私が甘い物好きだからというわけではない。

ただ単に仕事だからだ。








数日前、依頼がきた。

概容はこうだ。

〝どうしても探して欲しいお菓子がある。

               名を「シュトラン」という。〟




名前からシュトラセラトが関係しているのではないかと思い、

即刻赴いてみたのだが有力な情報は1つとして入手できていなかった。

そして、今にいたる。







昼、そこらへんの店で昼食を済ましそれからまた聞き込んだ。

聞く人聞く人返ってくる答えは同じ。

それらしい店もいくつかはまわったが発見できなかった。

そうこうして日暮れ前になった。

もうお手上げ状態であった私は夕日をただぼんやり見つめていた。

そうすると街の外から何かが飛んでくるのが見えた。

私はアレを知っている、鳩だ。

鳩と一概に言っても、いわゆる伝書鳩というものである。

そして、そのあて先は間違いなく私であろう。

(余談だがこの鳩には、いつ・どこにいても私の魔力を探知して追ってくるようにしてある。)

わざわざ急ぎ足で来てくれた鳩をねぎらいつつ、私は手紙に目をやった。




差出人は古都警備隊からであった。

どうやら私の依頼事務所の目の前の屋敷に押し入った者がいたようだ。

犯人は捕まったようだがその身元が割れないようで、急いで私にも確認をということらしい。

わざわざご丁寧に写真まで同封されている。

そして彼らには喜ばしいことなのだろうが、私はこの人物を知っている。

数日前に私を訪ねてきた依頼者で間違いないだろう。

なるほど、ようやく話が見えた。

いくら探してもシュトランが見つからないわけだ。







おそらくこの強盗は突発的なものではなく、計画されていたものだろう。

そして計画も完成にかかろうとしていたある日、屋敷の目の前の建物について犯人は知ったのだろう。

自分の計画の障害になりうる建物、否、人物がいるのだということを。

しかし、その対処は驚くべきほど簡潔なもので済まされる。

〝偽の依頼〟

おそらくシュトランというものはこの世に存在しないのだろう。

依頼によって街を離れさせさへすればいいのだ。

唯一このお菓子についての手がかりであった名前、これ以外に探す余地はない。

そして私はまんまとその罠にかかったというわけだ。








無駄足を踏んだであろうことを落胆した私に声をかける人物がいた。

「もしかして、その鳩は兄ちゃんの鳩かい?」

どうやら見たところによると商人のようだ。

私は力なくうなづいた。

「そうかい、実はこの職業ともあろうもんが恥ずかしながら道に迷ってしまってな。

 森の中どっちに進んでいいやら分からなくなっていたんだ。

 でも、その鳩が飛んでいるのを見つけて追ってきたんだ。
 
 伝書鳩の向かう先に人ありってな。」

そういい商人は笑い声を上げた。

「その鳩が兄ちゃんのってんなら、なにかお礼がしたいとこだな・・・

 

 そうだ、いいものがあるんだ。

 ほら、これを兄ちゃんにやろう。

 俺も貰ったもんだからよく知らねぇがいいもんらしい。」



 




時として真実とは思いもよらないものだったりする。









「シュトランというお菓子を知っていますか?」



朝からいやというほど同じ質問を繰り返している。

どこかの国の菓子パンの名前をもじったかのようなこのお菓子。

製造方法・製造場所・その材料にいたるまで一切の情報はない。

そんなものを探しているのは仕事だからというわけではない。

ただ単に私が甘い物好きだからだ。
                                 “甘い罠”完
スポンサーサイト

これが私の全力だ!!果てしない製作時間の果てに

※ここから先の内容は全てフィクションです。

※カッコ内の内容はとあるギルドのギルメンしか楽しめません!




賢者マサールの事件簿`ファイル2´

“ブルンネンシュティグ連続盗難事件”

また事件の依頼が来たようだ。

私は‘金儲けの本DX’から事件の書類に目を移した。

ちなみにこれは昨晩、酒場で隣の席の客から100万ゴールドと酒1杯で譲り受けたものだ。

数ヶ月前発見された新種の‘光奏師’が扱うものの一種らしく、

しこたま金が入ると言われた覚えが頭の片隅にある。

酒の力とはいえその外見だけでも、うさんくささを感じることが出来る代物を買ってしまった手前、

仕方なく目を通していたのだが、一ページ目に書かれた、

〝金額を上げて同じ方法で儲けろ〟

という文字をみて少しばかりのやる気すらも失われたのは言うまでもない。

この本が歩んできた僅かな歴史の中で少しずつ価格が上げられた事を伺うことができるのと同時に、

この本の驚愕の値段に頷くことも出来た。

そして先日新調した装備の請求書を、支払うアテもなく眺めている時に依頼が転がり込んだというわけだ。

その概要はこうだ、



ここ数日、古都周辺の商人を対象に相次いで盗難事件がおこっている。

商人の証言によれば後ろから頭を殴られ気絶させられ、気がついたら持ち金を全て奪われていたという。

ちなみに狙われた商人はいわゆる “闇商人” というものばかりである。

簡単にこの仕事の成り立ちと内容を説明すると、



現在、各国の均衡は絶妙な状態で保たれている。

例えば、ある一国が正商人から大々的に武器や軍事物資を手に入れたと仮定する。
地図1

そうすると他国からの敬遠や反発が当然起こる。
地図2

そこで闇商人を使い、密かに運ばせるのだ。
地図3
こうすることによってその国への批難は集まらない。

闇商人の商品運搬は正商人の何十倍も困難だが、それに見合うだけの見返りがある分その数は減少することを知らない。




と、いったところである。

一見、闇商人しか被害を受けていないので良さそうな状況にも思えるが、

その金の行方は未だ分からないとギルド連合は語る。

それに私は元々正義の為に依頼を受けているわけではない。

今回の依頼者は被害にあった商人の奥方、つまり闇商人の妻ということになる。

一般的に見れば私がやっていることも正しいことではないだろう。

しかし、依頼者が望む真相を突き止めるのが探偵の仕事なのである!

この事件必ず私が解決してみせる!
名に懸けて!
犯人確保の際の報酬250万ゴールドの為に依頼を受任したのではない、ということをここでは書いておこう。






今回の事件は捜査の手掛かりがまったくないのだが、依頼者からこのようなものを預かった。
暗号
旦那さんが殴られた時に書いたと思われるものだ。

そうすると旦那さんは犯人の顔をみていたのではないかとおもったが、

頭を殴られた影響だろう、その時の記憶だけないのだという。

それにしてもこれは何かの暗号なのだろうか・・・

それとも単にSOSと書いただけなのだろうか・・・

まてよ・・・

もう一度事件を整理するんだ・・・








事件は古都周辺・・・


狙われるのは闇商人のみ・・・


そしてこの暗号・・・











フフッ・・・

なんだそういうことか。

となると犯人はあの人しか考えられない!







とあるギルドホール。

さきほどからギルドという言葉を使っているがこれも簡単に説明しておこう。

ギルド

まずギルド連合が各地からの依頼を受け取り、それを実力にあったギルドに振り分けるということだ。

細かな規則は多いが原則としてこの主従関係は絶対である。

この2者間では信頼という言葉が一番大切なものである。



話を戻そう、私は今とあるギルドホールにいる。

そこにはギルドマスターを含めてギルドメンバーが集まっていた。

私がなかなか口を開かないことから、頭の悪そうなリトルが先ほどから悪態づいてくる。

私事ではあるが、このような女性にはまったくといっていいほど魅力を感じない。

もうすこし女の子らしくできないものなのだろうか、

これもこの事件とは関係ないのだが、

私自身、最近まで霊術派だったのだが、

すごロトでの闘士を見て少し心が動いたことには若干の驚きがあった。

さっきからまったく話が進んでいないではないか。


(他のギルドメンバーも退屈しているのか、

場所もわきまえずブレイブ買い叫びをするシフや、

ずっとアニメの話をしているアチャとBIS、

・3・こんな顔したシフ、

高そうな装備を身にまとい、自信の塊ともいえる剣士、

その中でも常に落ち着いているWIZなど、

統一感をまったく感じさせない行動を各自とっている。

そのなかでも異才を放つネクロにはさすがの私も驚くばかりだ。

なんだこの秘めた力を体の奥底に眠らせている人物は・・・

その可能性は原石などという言葉では安すぎるが、私の語彙力ではその存在の1割程度も表せないであろう。

どこか私とこの人物との間には大きな因果関係を感じられずにはいられない。)



さすがにそろそろ口を閉ざしているのも限界だ。

私は一言だけこう告げた、

この中に連続盗難事件を引き起こした張本人がいる!

ギルドホール内が慌しくなるのを私は容易に感じることが出来た。

まぁ、じっくり聞いてもらおうではないか、私の推理をな!



まず事件は全て古都周辺で起こっているということだ。

まず闇商人とは商品を密かに届ける者のことである。

そんな者の情報が遠くの町にいながら掴めるということはまずありえない。

つまり犯人はこの古都内の人物だという可能性がかなり高い!

さらにそのような情報を集められる人間など、

ギルド連合の者かギルドの上層部に限られてくる。

そしてなぜ闇商人ばかりを狙ったのか。

それは犯行がばれても自分に重い罪が掛からないようにしたかった為だ!


そして決定的だったのがこれだよ、
暗号

これは被害にあった商人が気を失う前に自分の血で書いた暗号だ。

まず注目するところは左の英単語。

TlengthU

文頭が大文字なのは分かるが何故最後まで大文字なのか。

これは大文字と小文字で別々に考えるからだ。

まず最初のT・・・・これは上をあらわす「Top」の頭文字だ

そしてU・・・これは下をあらわす「Under]の頭文字。

真ん中のlengthこれは英語で‘縦’の意味を表す。

そして重要なのが左下の数字の‘26’

私たちがこの数字で思いつくものはなんだろう?

1日の時間数?

1ヶ月の日数?

1時間の分数?

どれもちがう・・・これはアルファベットの数を意味する!

そうこれは大文字の方向に従って縦にアルファベット26字を並べろということなのだ!




そして最後に中央の暗号。

これもさっき同様Tは上をUは下を意味する。

それを数字の分だけ繰り上げ下げすると・・・


左の1行12TS これはSのTop(上)12番目

中央の1行5UO これはOのUnder(下)5番目

右の1行6US  これはSのUnder(下)6番目

分かりやすく横に並べてみると、

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

そうして出てきた文字、そう今回の連続盗難事件の計画者で多額の金を奪い去った犯人・・・それは・・・






























神系エイリアンギルドマスター GTY_!!

あんたしかいないんだよ。

そう、何故闇商人だけを狙ったのかというと、

ギルド連合に犯行がばれてもその責任を少しでも軽くするためだ。

ギルドが闇商人を倒すことになんの罪もない。

犯行がもしギルド連合にばれたとしても、

せいぜい、報告を怠ったという厳重注意と信頼を失うことで事は済む。



少しこのギルドについて調べさせたもらった。

二ヶ月程前、このギルドの一員が大きな仕事で大失態をおかした。

そうしてギルド連合からの信頼を失い仕事も激減した。

あんたはギルドメンバーにそのことを悟られないように独自で仕事をつくりそれを行わせていた。

しかしそれも所詮は悪あがきにすぎない。

ギルド資金も底を尽きこの計画にいたった、そうだろ?

どうしても認めないというのなら恐らくこの床下にある、溢れ返りそうな金の出所も説明できるはずだよな。




そういうとさっきまでそこにあったマスターとしての顔はなくなっていた。

この感じ魔物が私にむけるそれと同じように感じる。

私は急いでギルドメンバーに外にでるように言おうと振り向いた、

そこには人の影はなかった・・・

ここのギルドの連帯感を初めて今日みた瞬間であった。

このギルドホールにいるのは私と、もはや説得の余地もないというような犯人だけだった。

もう、なにを言っても無駄だろう。

ギルドの為に犯罪にまで走ったのだ、私の口さへ封じればと考えていることだろう。 

実戦はあまり得意ではないのだが・・・









この力を手加減することが出来ないからな!!


戦闘開始!



戦闘1

ターン1



戦闘2

戦闘3


ターン2

戦闘4

戦闘5



2順目

ターン3

戦闘6

戦闘7

戦闘8



ターン4

戦闘9

戦闘10



3順目

ターン5

戦闘11

戦闘12

戦闘13

終戦


こうして私の戦いは実にあっけなく、そして少々ハデな爪後を残して終わった。

先ほどからギルド連合の連中がきているということを嫌というほど感じている。

これは少しまずいかもなどと考えながら、

もはやギルドの憩いの場と呼ぶにはあまりにもひどい有様のギルドホールを虚ろ目で見ているのだった。








やっとギルド連合から解放されたのは、

いつになったら家に帰れるんだと頭の中で67回目を考えた後だった。

非常に驚くことなのだが、ギルドホールの修理代の7割を私が出すことになった。

Gty_は結局ギルド連合からの厳重注意ということで終わり、

この物語は私の魔力の暴走ということで幕を閉じた。

そして依頼の話だが、確保という条件を満たしていないということで1文も貰うことはできなかった。

やはり商人の妻なのだなと私は深く思ったのである。



結局私は今回ギルドホールの修理費を自ら背負い込んだだけである。

市民を救うギルドが、市民である私の苦労の種を増やすなどなんとも滑稽ではないか。

その修理費だが、

私が初めに悩んでいた金額より0が一つ増えた程度では収まらなかったことは言うまでもないだろう。

装備代とギルドホールの修理費、

一体いくらで例の本を売れば返せるのだろうか。
               “ブルンネンシュティグ連続盗難事件”完

ただの気ぐらいです

※ここから先の内容はすべてフィクションです。




賢者マサールの事件簿`ファイル1´
   “消えた西口mob事件”

ここ最近西口のmobがどこにも見当たらないという事件がおこっている。

運営側も原因不明とのことで初心者からは、

〝レベル上げできないじゃないか!!〟

〝いきなりmobレベルが高すぎてすぐ死んでしまう!〟

〝ファミレスに複数人で入った時、1人だけドリンクバー頼まずに平然とドリンク入れてきて「こんだけいたら1人ぐらい頼まなくてもばれないっしょwww」とかいって結局ばれない友人がうざい!〟

などという意見が数多く寄せられている。


普通に考えれば運営側の不祥事ということになるだろうが、

私の中である考えが引っかかっていた。

〝mobがいなくなったのは西口のみ〟

普通1箇所だけでこのようなトラブルがおこるだろうか?

その可能性は限りなく低いにせよこの場所以外での報告はされていない。

ただの運営側のプログラムミスとも考えられない私は聞き込みをすることにした。

そして、以下の有力な情報を得ることに成功した。

証言その1 〝西口によく出没するというKさん〟
証言1




証言その2 〝仕事熱心なHさん〟
証言2




証言その3 〝いつもフワフワPさん〟
証言3


この証言から立てた私の推測はこうだ。

・この事件は意図的に仕組まれた可能性が高い。

・スイカの種ってつい飲み込んじゃわない?。

・あと種を間違って噛んじゃったときっていやな気分になるよね。



この推測が正しければ何らかの目的でこの事件を起こしてる人物がいる。

目的がなんであれそんなことは関係ない、

この事件必ず私が解いてみせる
マサールの名にかけて!!






急いで現場に向かった私の目の前にはただ広大な景色のみが広がっていた。

私はただ静かな道をひたすらに歩いた。

そして、もう日も落ちかけた頃だった。

今日は引き上げようと思ったその時、私は見てしまったのだ、

この事件の真相を、













真相
郡をなすmobとあやしい影が1つそこにはあった。

そう、この事件の真相はこうだ、

mobはいなくなったのではない、1箇所に集められ隠されていたのだ!

そして、この事件を引き起こした犯人はこの中にいる。

ドドーン(衝撃が走る音)

そう、この一連の事件を引き起こした犯人それは・・・








微熱37度(うさこ)お前だ!!

ドドーン(衝撃(ry)

うさこお前は大きな過ちを犯した・・・

上のSSを見ればお前がmobを釣っているのがお見通しだということだ!

たしかにお前の犯行は完璧だった。

しかしわずかでも事件の痕跡を残したところ、それがお前の敗因だ!



こうして事件は無事解決を迎えた。

事件の動機については、

「これ以上自分より強い人が現れるのが嫌だった。」

「最初のmobをいなくさせればその可能性も消えると思った。」

などと供述している。

運営側からは厳正な処置を下すとのことだ。


たしかに事件は解決した。

しかしこれで私の仕事が終わったわけではない。

世界が続く限り事件も続く。

そしてその事件を解決することこそが私の役割である。

マサールという4文字を掲げる限り私に休息の暇はないのだ。

                       “消えた西口mob事件”完





<次回予告>

呪われた洋館、そこで次々に起こる事件。

洋館での血塗られた過去と、その悲しい真実。

はたしてマサールは事件を解決することができるのか!

賢者マサールの事件簿 `ファイル2´
“山口家の呪い事件”

来週もこうご期待!(嘘)
プロフィール

賢者マサール

Author:賢者マサール
できるだけ更新できるようにがんばります!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク様更新履歴
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。